峻酷さ

「生まれつきの奴隷」を肯定すること、それは「私たちはみな同じ人間だ」という耳に馴染んだ考え方を捨てること。「私と彼らは違う」という「距離へのパトス」を持つこと。 【距離へのパトス】ニーチェの用語。彼によれば人間類型は,強

隷従の本能

悪名高いことだが、アリストテレスは奴隷制を肯定した。 彼の主張はこうだ。人間には生まれつき奴隷が存在する。彼らは他者に道具として使役されること、他者の財産や所有物となることに自然の適性がある。精神が肉体を支配するように、