峻酷さ

「生まれつきの奴隷」を肯定すること、それは「私たちはみな同じ人間だ」という耳に馴染んだ考え方を捨てること。「私と彼らは違う」という「距離へのパトス」を持つこと。 【距離へのパトス】ニーチェの用語。彼によれば人間類型は,強

隷従の本能

悪名高いことだが、アリストテレスは奴隷制を肯定した。 彼の主張はこうだ。人間には生まれつき奴隷が存在する。彼らは他者に道具として使役されること、他者の財産や所有物となることに自然の適性がある。精神が肉体を支配するように、

終身雇用の破壊について

読者さんの質問に答えます。 経団連に続いてトヨタまで「終身雇用は無理」と言い出しました。 リストラが普通に行われていることを考えると終身雇用は既に終わっていたという方が正確だと思いますが、とにかく建前上の終身雇用すら否定

原発事故とは何だったか

原発事故について語って欲しい、というコメントがあったので回答します。 御厨鉄さんは福島原発事故についてどのようにお考えでしょうか?「レベル7」というチェルノブイリ級の汚染地に住民を住まわせ、さらには避難者を強制帰郷させる

金と力

金を持つ者は、持たない者より強い。 どうして違うだろうか? 人は言うだろう。 「金や権力では幸福を得ることはできない」――もちろんそうだ。金で得られるものは経済的自由であって幸福ではない。多くの人々にとって、自由と幸福は