私は鬼である

高い人口密度 固定的な人間関係 分業と階級秩序 定住者の生活はだいきらいだ。 そこには自由がない。以前、快適と自由はトレードオフだと書いた。たしかに定住生活にはたっぷりと「快適」がある。 もっとも不自由とされる囚人は、あ

ニートの受難

賃金奴隷からニートになった。 これが二回目のニートだ。私はこう言おう。 賃金労働者は楽である。 ニートは過酷である。 労働者の安逸 賃金労働者たちの声が聞こえる……「なんだって? 怠け者はニートの方だ!」「俺たちは社会の

週40時間労働は精神を殺す

人生の時間は限られています。 週40時間労働を何十年も続けることは、生命をドブに捨てるようなものです。 統計データを見ていたら、悲しい事実がわかりました。 8時間の自由時間は実際には2.6時間 一日8時間の労働が提唱され

奴隷・農奴・賃金労働者

「賃金奴隷制」…効率的で確実な搾取と管理をもたらす、理想的な支配形態 文明は階級です。 文明の歴史はおおざっぱに言えば、奴隷制・封建制・資本制の段階をとっています。これを階級としてとらえると、奴隷制→農奴制→賃金労働制と